起業後、一番最初に発見した正解がこれだ

今回は、本当に本当に、

一番人生を作ってくれている経験を

シェアします。

 

 

「完全自立」をした時から

ぼくの人生は動き出しました。

 

 

一人暮らし、仕送り完全カット。

 

これをぼくは、

先輩経営者さんにいわれて行いました。

 

19歳のころ。

ちなみに収入はほぼ無い時期です。

 

 

自分でちょっと稼げているくらい

なのでアルバイトをしている人と

ほぼ同じくらいの収入。

 

貯金は0の時に言われ、実践しました。

 

 

よく、自立するために頑張るって

言っている子がいますが、

自立するために頑張るって言っている

その現状が依存を前提にしています。

 

 

自立できる状態だから、

自立する、でも良いの

かもしれませんが、

スピードが段違いだと思います。

 

 

 

生活が担保されている、

いわば逃げ場がある状態で

負けても大丈夫と思って生きるのと、

 

負けたら生活すらできない、

苦しくなるという

自分の痛みがある状態では、

真剣さも全力さも変わります。

 

 

 

もはや精神論やマインドの問題ではなく

自分に物理で責任がやってくる

状況にしたからこそ、

 

本当の意味で、気を張れるし、

責任を持って生きることが

できるようになりました。

 

 

どれだけ頭で真剣に考えていて

物理的に保険があると人は甘えます。

 

 

どれだけ立派なことを言っていても

誰かから金銭的な支援を受けていれば

支援者の顔色を伺わなくてはならない

瞬間が来ます。

 

 

それを断つことによって

100%自分の人生を自己責任で

自分のためのみに

使えるようになるのです。

 

 

誰もが、「いつかは」自立する。

と思って生きています。

 

 

そのいつかを早めただけで

現状の生きる力、

全力になることが早まるのならば

したほうがいい。

 

 

にもかかわらず、結局

自分が苦しい思いをすること、

貧しい思いをすること、

自分がその分の収入をなんとかするのが

嫌だから、怖いから逃げているのです。

 

 

楽な、引き続き親に頼って生きる

という道を選んでいるのです。

 

 

親の支援なしには生きていけない現状は

社会人としては緊急事態です。

 

 

そんな緊急事態な現状であっても

「依存」すれば苦しく無いし

その場しのぎはできる。

 

 

痛み止めで逃げ切っているような

現状に甘えてしまうのです。

 

もちろん、本当に本当に

餓死してしまう。

 

破産してしまうという時まで行けば

親に依存する道もありだと思います。

 

 

しかし、ギリギリまで責任を

自分で受け止めることもせずに

楽に逃げるのは、成長という観点では

間違っているとぼくは思います。

 

 

学生だから、、と逃げるのは簡単ですし

頭ごなしには否定しませんが、

学生であっても、学費は自分の

奨学金(借金)・生活費も借金。

 

で生きたほうが、

勉強も学生内のアクションも

将来の返済を見越した実践的で

社会人になった際に意味がある

成長や戦略を得られるのでは

無いだろうかとぼくは感じます。

 

 

実際に、ぼくは完全自立をしたので

死ぬほど貧乏や恐怖を味わいました。

 

貧しくなるとこうも心が乱れるのか。

 

 

という経験もできたし、

無気力や将来の不安もたくさん経験できました。

 

 

そして、貧乏で悩んでも

誰も助けてくれないし

悩んでいて現状が変わることもないんだ

っていうことを学びました。

 

 

意外と貧しくても生きていけるんだ

っていう実感値を得ましたし

節約術も学べました。

 

 

人からお金を借りたりして、

人から借りることの

恐怖やデメリットを知ったし、

 

逆に助けてくれる人がいるんだっていう

安心感やお金を貸してくれるほど、

 

自分のことを真剣に考えてくれてる人と

そうでない人の違いもしれました。

 

 

金融機関から借金をして、

借金の仕組みやメリットデメリットを

体験を持って経験できました。

 

 

ここでの経験は、

すべて今の自信や知識になっているし

お金がなくなったって

やり直せるっている根拠になってます。

 

 

また、若い頃に知れてよかったって

心から思える経験です。

 

(年齢がいってから知ってたら

もっときつかったと思います)

 

 

そして、完全自立したおかげで

基準や考え方が社会人、

 

自己責任で生きるってものに

切り替わったからこそ、

 

それからのビジネス活動の全てで

変な失敗をせず、チャンスをものにしながら

成長してこれたのだと確信があります。

 

 

 

こういう経験談をキッカケに

人生を変える人がいます。

 

 

ほとんどは、良い話だな

この人はすごいな、で終わります。

 

 

どちらにするかは自分次第。

いつでもキッカケはあります。

 

何かを変える人は行動にすぐに

移してください。

 

 

 


学1年の時に起業して、

19歳で月収100万円を達成しました。

 

現在は21歳で、1億円のスキルを駆使しながら

ネット上で自動で売上を上げる仕組みを作っていま

す。

 

一緒に仕組みを作っていきながら、

世界遺産巡りとか月1旅行とかができる

価値観の近い仲間ができたらいいなぁ、

と密かに思っています。

 

 

また、ウィング公式メルマガは、

「特典」「限定企画」「プレゼント」など

ボリューム満点の上、

 

パソコン一台で仕組みを作る

ビジネスについて、深く知ることができますので

ぜひチェックして見てください。

 

しかも、今なら無料です。

 

 

こちらからメルマガ登録できます。

ビジネスの全体像を網羅できます。

 

なお、先着3名の方には、

儲かってる会社を合法的に乗っ取り、

あなたが毎日している小さな買い物で、

最短1日、3万円を奪い去る卑怯なテクニック

を記したPDFをコッソリお渡しします。

 

→ 先着3名でビジネスを学ぶ

 

 

 

 オススメ記事が見たい方は、

こちらをチェックしてください!

 

ぼくが選りすぐった最新の知識を妥協なしで、

特別公開した記事のトップ5を伝えます!

 

→ ウィングのオススメ記事を見る

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

現在は21歳で1億円のスキルを駆使しながらネットで自動で売上を上げる仕組みを作っている。世界遺産巡りとか月1旅行とかができる価値観の近い仲間を集めていこうかなぁ、とぼんやり考えている。 なお、公式メルマガは特典、限定企画、大量プレゼントなどボリューム満点の上、息を吐くかの如く稼ぐビジネスの本質について深く知ることができる。しかも無料。