【お願い】極悪非道になってください

今日から、メタメタな

極悪非道になってください。

 

 

極悪非道っていうと、

どんなイメージがありますか?

 

ヤクザとか、血も涙もないとか、

人でなし、みたいなイメージありますよね。

 

ぼくはですね、

極悪非道になることが

とても大切だと思っているんです。

 

 

例えば、お金に困ってる友人A。

 

彼に接する時、ある極悪非道な考えが、

実は最も彼のタメになるって知ってました?

 

この考えさえあれば、

周りの友達から慕われ、

一目置かれる存在になれます。

 

 

 

んにちは、ウィングです。

 

 

ご存知の通り、ぼくはブログをやってたり、

メルマガをやってたりしているんですが、

 

嬉しいことに感想くれたり、質問をくれたり、

アウトプットをしてくれたりと、

学ぶ姿勢がある人が結構いて、

 

それに3年以上答えてきているんですけど、

中には変な人というか、おかしな人もいるんですね。

 

 

会ったこともないのに、

「ウィングさん、お金を貸してください」

という言う人がいたんです。

 

なんて言うか、ヤバいですよね。笑

 

 

今まで何やってたんだって言いたくなるし、

その前に、会ったこともない人に

貸してくれっていう考えこそが

お金に困ってる原因じゃないのかって。

 

 

ぼくは、

自分が親になった時に

子供には自由に選択肢を選ばせてあげたいと思ったし、

 

自分が我慢してストレスを溜め込んだり、

家族も不幸にしたりしたくはないから、

 

お金の問題からさっさと抜け出して、

あらゆることをお金を気にせず

自由に選択できるようにしたいと思ったわけです。

 

 

理想の30代、40代になるために、

5年後、10年後を見据えて行動してきました。

 

 

なので、お金に困ってるなら、

根本の考えから直してあげるしかないと思い、

ビジネスのアドバイスをしてあげました。

 

 

「何度でも稼げるようになるために

どういう目標を持っていて、

何をしたくて、今は何ができるのか、

を教えてください」

 

「そのための質問を細かくしてくんで、

それに答えてください」

って言うと、

返信が返ってこなくなったんです。

 

 

この現象がどういうことかと言うと、

その人の中には、

楽してお金儲かればいいやっていう考えが

根本にあるということです。

 

 

で、ここで考えてほしいのは、

 

実は人にお金を貸すのって

楽に出来てしまうことではないですか?

 

ということ。

 

 

お金に困ってる人がいたら

貸してあげる人が、

カッコいいみたいな風潮ありますよね。

 

 

でも、ビジネスのアドバイスをして、

稼げるようにしてあげるって、

実は結構、難易度高いことです。

 

 

ぼくが稼げる人を排出できているのは、

一から環境を整えることができて、かつ、

ぼく自身が超凡人だったため、つまづくポイントを

完璧に教えてあげることができるからです。

 

 

でも、ゼロの人にそこからアドバイスして、

稼げるようにしてあげるって、

すごい労力、時間を費やさないといけません。

 

 

相手からしてみても、

楽に稼ぐとは反対の、自分の問題と向き合い、

しんどい思いをして、なんて非情なんだと言って

むしろ恨まれることさえあるかもしれないのです。

 

 

 

仏教では、

「小善は大悪に似たり、大善は非情に似たり」

という言葉があって、

 

小さい良いことは大悪に似ている、

大きな良いことは非情に似ている

 

ということで、

極悪非道になるというのは、

 

誤解されることを恐れることなく、

心から相手のためを考えて行動をする、

ということです。

 

 

 

「仏教用語とか難しいよ!」

と思うかもしれないですが、

 

分かりやすくさっきの例で説明すると、

 

お金に困ってるから貸してあげる、

という

その場凌ぎの小さな良いことは、

実は良いことに見えて大悪である、

 

ということです。

 

 

 

なぜなら、

 

マインドや環境が変わらず

根本的な解決ができなければ、

 

同じように困った時に、

結局また借金しての繰り返しで、

どんどん悪い方に進んでいき、

 

今度は、大切な人を失ったり、

もしかしたら犯してはならない一線を

超えてしまったりするかもしれないからです。

 

 

 

つまり、良いことだと思ってやったことが

実は相手が自身の問題と向き合い、

根本的に解決するチャンスを、

 

奪ってしまっているという

お互いにとってメリットのない

大悪になるということです。

 

 

 

逆に、すごく大きな善い行いというのは、

非道に似ているということです。

 

 

例えば、さっきの例では、

ぼくがお金を貸さないで

ビジネスのアドバイスをするっていうのは、

相手にとっても苦しいことですよね。

 

 

でも、長期的に見たら、

絶対そっちの方がプラスになるはずです。

 

自分で何度もお金を作れるようになるわけですから。

 

 

だからぼくは、

根本的な解決をするために、

 

お金に困ることがなくなるよう

アドバイスするのが、

最も相手のためであると思っていますし、

それがぼくの使命であるとも思っています。

 

 

世の中には自分が稼げるようになる

天才型は多いですが、

”稼げるようにできる人”は少ないです。

 

(楽して稼げるみたいなことを謳ってる

商品や人は無数にいますが、

楽して稼げるというのは結果論であって

その過程を楽することはできないです)

 

 

ぼくが教え子たちを何人も稼がせているのは

コンサルタントとして組織に属し、

何百人に教えてきた経験と、

 

なによりぼく自身が

多くの失敗をしてきたからです。

 

 

今でこそ、ヘリコプターに乗りに行ったり、

好きな場所で好きな人たちと

理想のために行動をし、

仕事もできるようになったわけですが、

 

周りが稼いでいく中で、

半年間、一円も稼げなかった時期もあります。

 

 

それだけ燻っていたからこそ、

変わりたいと思う人の背中を押してあげて、

成果を出すための要素を一つずつ教えてあげることが

できるようになりましたし、

 

紙一重で自分の道を見つけられず

現状と理想のギャップに、もがく人に

心から共感できるようになりました。

 

 

ぼくの失敗してきた過去を

変えることはできませんが、

その過去の経験のおかげで、

 

人を稼がせることができるようになったので、

ぼくの失敗は無駄ではなかった

と言えるかなと思っています。

 

 

だから、ぼくが歩みを止めない限りは、

ちゃんとしたビジネスを

誰かに教えることができるわけです。

 

 

むしろ、歩みを止めてしまえば、

そんな過去のぼくと同じような

コンプレックスのある人の苦しみを、

 

救ってあげることが

できなくなってしまうとも思っています。

 

 

こうやってブログをやってるのも

メルマガをやってるのも、

 

過去のぼくのように

お金に縛られ、人の目を伺いながら

自分の人生を生きれていなかった人に

 

実際ぼくが仕組みを作り、

稼ぐべくして稼ぐ姿を見せて、

少しでも人生の選択肢を増やしてあげたい

と思ってるからやってるわけです。

 

 

ちょっと熱くなって脱線しちゃいましたね。

 

詳しくはウィングの波乱万丈物語を見てください。

 

 

話を戻すと、

一見すると相手のためを思い

善いことをしていると思っていても、

 

実は自分にとっても相手にとっても

大悪になることがあると言うことです。

 

 

ぼくの経験から

お金を貸すというのを例に出しましたが、

 

例えば何か小さいことを誰かにお願いされて、

小さな良いことを

その場凌ぎで叶えてあげることって、

 

実はお互いにとってメリットもなく、

すごい大きな悪なんですよね。

 

 

でも、実際は、

 

なんて非情なんだと言われても、

鬼とか悪魔とか

言われたとしても、

 

ビジネスを教えてあげるとか、

その人の問題を根本的に解決するために

背中を押して行動させてあげるというのが、

 

一見、非道に見えたとしても、

それが真に相手のためを思った行動であれば、

それをすべきだとぼくは信じています。

 

 

 

あなたも、目先のその場凌ぎの

一般的には善い行いとされることだったり、

やらないと嫌われるんじゃないか

と思うようなことがあったとしても、

 

その小さな善が大きな悪になるっていう

仏教の教えを念頭に置いて

行動をして欲しいなと思います。

 

 

そして、

一見すると極悪非道だと疑うような行動でも

真に相手のためを思った行動こそが

本当の愛情だと知って欲しいです。

 

 

今日は、極悪非道になれ、

というタイトルでした。

 

 

真に相手のためを思い、

誤解されることを恐れず

勇気を持って極悪非道な行動を

取れる人になってください。

 

 

そして、自分に対して一見、

極悪非道な行動をとってくる人でも

真に自分を思ってくれてのことであれば、

しっかり受け止めて欲しいですね。

 

ではでは!

 

 


学1年の時に起業して、

19歳で月収100万円を達成しました。

 

現在は21歳で、1億円のスキルを駆使しながら

ネット上で自動で売上を上げる仕組みを作っていま

す。

 

一緒に仕組みを作っていきながら、

世界遺産巡りとか月1旅行とかができる

価値観の近い仲間ができたらいいなぁ、

と密かに思っています。

 

 

また、ウィング公式メルマガは、

「特典」「限定企画」「プレゼント」など

ボリューム満点の上、

 

パソコン一台で仕組みを作る

ビジネスについて、深く知ることができますので

ぜひチェックして見てください。

 

しかも、今なら無料です。

 

 

こちらからメルマガ登録できます。

ビジネスの全体像を網羅できます。

 

なお、先着3名の方には、

儲かってる会社を合法的に乗っ取り、

あなたが毎日している小さな買い物で、

最短1日、3万円を奪い去る卑怯なテクニック

を記したPDFをコッソリお渡しします。

 

→ 先着3名でビジネスを学ぶ

 

 

 

 オススメ記事が見たい方は、

こちらをチェックしてください!

 

ぼくが選りすぐった最新の知識を妥協なしで、

特別公開した記事のトップ5を伝えます!

 

→ ウィングのオススメ記事を見る

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

現在は21歳で1億円のスキルを駆使しながらネットで自動で売上を上げる仕組みを作っている。世界遺産巡りとか月1旅行とかができる価値観の近い仲間を集めていこうかなぁ、とぼんやり考えている。 なお、公式メルマガは特典、限定企画、大量プレゼントなどボリューム満点の上、息を吐くかの如く稼ぐビジネスの本質について深く知ることができる。しかも無料。